こんな事でお困りではないですか?

 
 
会社経営のお悩みQ&Aはこちら
経営分析をして赤字を絶対に解消したい
 

 


欲張らずにできることから行いましょう!
 
基本的に、日本の税制は「節税」を許さない仕組み作りをしています。
ですから、一般に「節税」と云っているのは、多くの場合、
税法や過去の判例をよく知っていてそれを十二分に活用することを意味します。

税法は、すべての場合を想定して作られている訳ではありませんね。それは現実的に不可能です。そこで、実務上どこまで経費計上が認められるか判断に迷うケースが少なくありません。このことが税理士それぞれの判断の違いが生じる所以です。

税理士の中には、良し悪しは別にして、これまでの実務経験を踏まえ、調査があったら否認される事を覚悟しながら経費処理を行う税理士もいます。

( 節税対策の例はこちら )   
 
法人税関係  所得税関係  資産税関係  消費税関係  印紙税関係

私たちは、1986年(昭和61年)開業という、これまでの長い業務体験を生かし節税対策を行います。完璧とは申しませんが、実務経験の短い若い税理士の方よりは知識・体験で上回っているものと自負しております
(^^;)



お電話でのご相談は、「ホームページを見た」と仰有って下さい。
     までどうぞ。
    (土日祭日を除く、朝8:30から夜7:00まで受け付けております)

メールの方は、 にてお申し込み下さい。
なお、メールでのご返答は原則として行いませんので、ご相談・ご質問の概要のみ簡単にご記入下さいね。
メールによるお問い合せは
こちらからへどうぞ---


      
       
   いとう会計事務所は江戸川区を中心に新宿線沿線のお客様や、江東区、墨田
  区、台東区、葛飾区、市川市、船橋市などのお客様をご支援しております。