0120-223-397

決算だけって頼めるの?


会計ソフトにご自分で入力し毎月の試算表ができていることが前提です

アクセスはコチラから


あっ!試算表ができていなくても、現金・普通預金出納帳などが作成されていれ大丈夫です。      .・


ご相談は初回の60分まで無料ですよ!      







(注) 年商が概ね3億円を超える企業様は別途お見積りいたします
※ 個人事業の方は概ね上記の70%~80%とお考えください


私たちは決算だけのお客様も大歓迎です。あなた方にとっても、決算だけを依頼することにより料金を節約できますよね。ただ、決算だけを頼まれる方は次の事に注意しましょう

 節税対策や赤字対策は原則として自社で行なわねばなりません

決算を税理士事務所に頼むときは、既に決算日を過ぎていることが多いからです。決算日を過ぎても節税対策ができる方法がなくはありませんが限られてしまいます。

利益が順調に出ているときは、早めに私どもと月次の顧問契約を結ばれることをお勧めします。そうすることで、顧問料は毎月発生するものゝ、節税相談や赤字対策はタイムリーにできますよ!

(顧問料・決算料をできるだけ安くするには?)

 御社の方で「現金出納帳」や「普通預金出納帳」の作成と、「売掛帳・買掛帳」の作成(売上や仕入の一覧表をエクセルで作成しておいても構いません)をしておきましょう。

私どもでは、記帳代行(帳簿を代わりに作成すること)を行なっていないからです。エクセルで入力する方には無償で様式をご提供しますのでお申し出下さい。

日々、定期的に帳簿を作っておかないと決算時に大変になります。また、資料をなくしたり忘れたりしてしまいます。

できれば会計ソフトで財務入力までやってあるのがベターですが、必ずしもそこまでは要求しておりません。(でも、財務入力まで行なっている場合の方が料金は安くなりますよ)

帳簿の作成の仕方や会計ソフトの選び方がわからない方には、いつでも無償でご説明します。